らぶお ハハの 日記

ワンコブログから~ついに単なるハハのつぶやきにchange♪笑(from2010/7/11)
どうすればよかったのさ?
ちょっと残念な出来事があったのですが
備忘録&グチとしてこちらで・・・
(ダラダラ長そうになるので悪しからず…)



18日(水)の夕方のお散歩タイム

いつもの農道を草 クンクンしながらのひと時


今日は何だか小学生やらチマタにいっぱいいるなぁ~って
母さん緊張しながら歩いてました。

そのうち遠くの方に自転車のお兄ちゃん達3人組が
目の端に入ったので(30m程?)準備がてら
道からさらに田圃側にある土手側に退避してクンクンしてました。
(もちろん綱はギリギリ短くしっかり握ってました!)


そうしたら、思いがけず後ろから「こんにちは~♪」と
お兄ちゃん①の挨拶を受け
母さんも ちょっと嬉しい気持ちで「こんにちは~」と
背中向けながらも挨拶返し。


ところがそのあと事件が!!

次のお兄さんたち(中学生?)が自転車②&スケボー組だったのですが
どうもその二人の音(特にスケボー)に驚いたのかビビったのか
ムサシが振り向いて立ち上がるしぐさをしたのです!

母さんとっさの事にもタズナさらに強く引きムサシ 静止。


しかし、自転車②の後部座席につかまりながらのスケボー少年、
繋がっていた自転車②が急に道路左側にハンドルを切ったので
バランスを崩して思いっきりこけて路上にスライディング!!


見ていても本当に痛そうでした・・・
(お気の毒としか言いようがない私。痛みが伝わってくる・・)



しかし私としてはムサの手綱もっているし、道路脇でそのまま
駆け寄って起こしてあげることも出来ないので
先に行ってしまった2人に「助けてあげて~」って声かけました。


お兄ちゃん、ヒザ擦りむいたようですが
とにかく痛いのと(多分)怒り?でなかなか起き上がらずに・・・


起きてからも怒ってブツブツ・・・・
(とにかくコケた事と痛いので怒り度マックス状態)

母さん的には「ビックリさせてしまって本当にゴメンね!」
と、とりあえずお兄ちゃんには声をかけ(謝る?)慰める。

ま、痛いのでそんなもん、慰めにもならんだろうけど・・


幸い 擦りむき以外は大丈夫そうで
一緒にいた挨拶してくれたお兄さん①のアドバイスで
とにかくその場は立ち去ることにしました。
(もう大丈夫だから とにかく向こうに行ってくださいとの事だった。)
(こいつ、怒ると大変だから~~ とも言っていたし)


間の悪いことに そういう時に限って
ムサシの足取りは超重たく・・・ノロノロぐずぐず・・・


そうこうするうちに兄ちゃん達に2度も遭遇

1度目は先にたむろしていた別のグループ内で
こけた兄ちゃん、事件を仲間に愚痴ってた最中。
(ムサの悪口と ボードでなぐってやろうか~~?!の
声が聞こえ 母さんゾッとする)


なんとかその場を通り抜け次なる地点に行ったら 自転車だから?
またお兄ちゃんたちの姿、先に見え・・・

さっきの声の事も有るので その先に進むのはやめ別の道へ。


その時 「ばばぁ~~!  ババァ~~~!!」って
今度は私に八つ当たり??!! 叫んでるのが聞こえた。
 
ちょっと違うでしょ?! ってムッとしながら大人の対応
聞かないふりして別の道をスタスタ。


もう 会いたくないなぁ、ちょっと嫌な感じ。
いくら痛かったからって言っても、
そもそもムサは手出ししてないんだよ。

お兄さんがスケボーでわざわざ右端に退避している
私とムサのところに寄ってきて(本来、左側通行でしょ?!君たち)
その上届かない範囲のムサシの予期せぬリアクションに
勝手に驚いて 自転車②の子が左にハンドル切ったから
後ろにつながっていたスケボー君 こけちゃったんだよ!!

君 よく考えてみてよ・・・  ← 言えるもんなら言ってやりたい!


確かにムサシが驚かしたことは事実かもしれないけど
そりゃ、驚くのはしょうがないですよ。
スケボーの迫りくるゴロゴロ音と自転車②の存在

ムサシなりに身の危険感じたろう・・


だが~~!
母さん しっかり綱もって(超短く)ちっとも届かないようにしてた。


兄ちゃん、やっぱり逆恨みだよ!
「ババァ~ 」も 言い過ぎだよ!


なのに・・・!!!

ナント兄ちゃん、ワザワザぐるりと回り込んで
私たちが歩いている道に先回りして向こうから来ました!!

そして・・・
「慰謝料もらわんなん。痛かった慰謝料・・・」

???

はぁ~~?
お前さん本気でそれ言ってるの??!

あんた、それを言っちゃおしまいでしょ?!
恐喝だよ!それは~~~
何なら警察に行って話し合おうか??ってまで心の声。



思わずこっちが顔あげてみようとしたその時、

「良いから・・ 行こう   何言うてるん・・行こう~
 良いから いいから・・・  行こう」

って 先の自転車①挨拶おにいちゃん

「良いから~    行こう!」
ってなんとか二人の兄ちゃんをつれて向こうに行ってくれました!


恐喝事件に発展するギリギリ手前


すご~~~~~く後味の悪い気持ち。

痛い思いをしただろうお兄ちゃんに同情して
敢えて反論も注意もしなかったのに・・逆恨み&恐喝まがい?


とにかく悔しいのと怖かったのと 

そして 変かもしれないけど お兄ちゃんの将来に不安を・・
(あの自転車①のような子が彼の友達でいてくれ続けることを切望
 あの子がいてくれたら 兄ちゃん 道を外れないんだけど・・)



しばらくは またあのスケボー少年に遭遇したくないなぁ


お散歩が憂鬱な母さんです。

兄ちゃん、痛いのが治ったら少し冷静になれるかな・・


でもこれだけは言わせて~!
私もムサシも 悪くないんだよ!! ←キッパリ



災難 ってこんな風に降りかかるんだなあぁぁ・・・  あぁ



グチ 長くてスミマセン
スポンサーサイト
Designed by aykm.